忙しすぎる?!医療施設スタッフの仕事について

産婦人科で働くスタッフ

産婦人科は、人間の生命が誕生するのをサポートする診療科として知られております。
ただし、この診療科では、不妊患者の外来検診を行うケースも稀ではありません。
例えば、体外受精や人工授精、ホルモン剤の投与など、さまざまな医療行為が施されることも少なくありません。
産婦人科で働くスタッフの中には、生命が誕生する瞬間に立ち会えることに感動を覚えたり、出産を手助けすることにやりがいを感じたりする人も少なからず存在します。
ただ、必ずしも健康な赤ちゃんが生まれてくるという保証はありませんので、注意する必要があります。
例えば、死産や流産、奇形児が誕生したり、中絶手術に立ち会ったりするケースも少なからず想定されます。
また、この科では、内科や外科などのように、病気や怪我で苦しんでいる患者の姿を見ないで済むというメリットがあります。
しかしながら、陣痛や出産の苦しみは、想像を絶するほどのものですので、注意しなくてはいけません。
ただ、自身や、自らの配偶者、家族、知人などが子どもを産む際、お産そのものの大変さは変わらないとしても、そのように産婦人科で働いた経験を有することが、何かと役に立つケースは多いと考えられます。
例えば、生まれたばかりの赤ん坊を抱き上げたり、洗ってあげたりするのには、それなりのスキルと心遣いが必要になります。
そうした時にも、産婦人科でお産に立ち会った経験があれば、あわてずに対応することが出来ると思われます。